ティンクルなごやからのごあいさつ

二村眞秀
「ティンクルなごや」は平成27年4月に開設されました。
入所されている利用者さんのご家族の皆様は、連日のように面会に来て下さいます。親子あるいはご兄弟で散策にでかけたり、施設内のホールでゆっくり過ごしたり、音楽会などのイベントを楽しんでいただいたりして、家族で一緒に過ごす時間をとても大切にされています。ショートステイでご利用の皆様も一緒に参加していただいています。
利用者さんのなかには、一時的に体調を崩される方もおられます。そんな時のために、隣接する西部医療センターとの診療面での連携を一段と密にしています。
今後も、ご利用者の皆様、家族の皆様が安心して過ごしていただけるよう、医療、療育においてサービスの充実を図って参ります
松田昌久
 最も弱いものを一人ももれなく守る、ティンクルなごやも開所以来2年が経過しました。その間愛知県も重症児者施設をこばと学園はじめ3施設開所して、重症児者ベッド数全国最下位から脱出することができました。
 このことは在宅で頑張ってきた保護者の皆さんと共に喜びたいと思います。
 指定管理者のむつみ福祉会としては、長年在宅で呼吸器を着けたり、気管切開や胃瘻、吸引などの医療的ケアをしながら頑張ってきたご両親達(特にお母さん)のため、お子様を最優先でお世話させていただいてきました。
 それと同時にティンクルなごやに勤務するスタッフが喜んで働ける環境作りにも気を配っています。
 そのための人材育成(教育)は大切な仕事です。将来、医療と福祉を担ってもらうためには欠かせない大切なことです。
 以上のことを実践するための基本は「思いやりの心」と「人を大切にする心」であると信じています。
 従来の重症心身障害児者施設とは一味ちがう、家庭的な雰囲気のティンクルなごやの成長を、見守ってください。

ティンクルなごやの基本理念

すべての人の生命、最も弱いものの生命がひとりももれなく守られ、成長が育まれ、豊かな人生が過ごせる社会の実現に寄与します。

ティンクルなごやの基本方針

  • 生活支援
    安心、安全、思いやり、温もりのある療養環境を提供します。
  • 在宅支援
    親子が最適な支援を受けれるようネットワークの活用を推進します。
  • 地域移行支援
    施設入所、在宅生活の円滑な移行を支援します。
  • 地域連携
    地域社会や地域の医療、福祉、保健機関との連携を推進します。
  • 公平な施設運営
    可能な限り在宅生活を推進し、公平な施設利用を目指します。