施設紹介

ティンクルなごやとは…

 名古屋市重症心身障害児者施設ティンクルなごやは、在宅での生活が困難な重症の重症心身障害児者(重度の知的障害、重度の肢体不自由が重複している方)が入所する施設です。
 ご家族等によるケアが一時的にできなくなった場合に利用できる短期入所(ショートステイ)も行っています。

施設概要

施設名 名古屋市重症心身障害児者施設(愛称:ティンクルなごや)
設置者 名古屋市
運営主体 社会福祉法人むつみ福祉会(指定管理者)
施設種別 医療型障害児入所施設(障害児入所施設)【児童福祉法第42条】
障害福祉サービス事業所(療養介護・短期入所)【障害者総合支援法第5条】
定員 90人(空床利用による短期入所10人を含む)
敷地面積 5,690.27㎡
施設規模 構造:鉄筋コンクリート造3階 建
延床面積:7,026.13㎡

フロアマップ

 2階の一部と3階が利用者さんの生活の場になります。90床が6つのユニットで構成されています。
ユニットには、星や星座の愛称がつけられています。
 ご覧になりたい場所をクリックしてください(写真と説明文を表示します)。
多目的室・交流ホール 厨房 デイルーム 家族宿泊室 屋上庭園 浴室 スタッフステーション ユニット 機能訓練室 スヌーズレンルーム
  • ★ユニット(スバル、ペガサス、カシオペア、オリオン)
  • ★浴室
  • ★スタッフステーション
  • 観察室
  • 処置室
  • 器材室
  • カンファレンス室
  • ★ユニット(スピカ、シリウス)
  • ★浴室
  • ★スタッフステーション
  • 観察室
  • 器材室
  • カンファレンス室
  • ★家族宿泊室
  • ★機能訓練室
  • ★スヌーズレンルーム
  • 学校教室
  • ★デイルーム
  • ★屋上庭園
  • 診察室・処置室・X線撮影室・薬剤室・研修室(診療部門)
  • 事務室
  • 相談室
  • カンファレンス室
  • ★多目的室・交流ホール
  • ボランティア室
  • 家族交流室
  • ★厨房

※先頭に★マークがある部屋は詳細説明がご覧いただけます。

(参考)名古屋北歯科保健医療センターについて
1階にある「名古屋北歯科保健医療センター」(名古屋市歯科医師会運営)では障がい者歯科診療と休日急病歯科診療が行われています。
診療日・時間等の情報は次のホームページをご覧ください。
http://nagoya-d.com/ncenter/index.html
浴室
浴室
昇降式の機械浴と、ミスト浴を用意しています。清潔のためだけではなく、心地よさと職員とのコミュニケーションの場でもあります。
屋上庭園
屋上庭園
空調の整った部屋で快適に過ごすことも大切ですが、外に出て、自然の風にあたって、季節を感じることは、特別な気持ちよさと解放感があります。
家族宿泊室
家族宿泊室
ご家族もくつろいで宿泊していただける部屋を用意しています。
デイルーム
デイルーム
家庭でいえばリビングルームのような、昼間のレクリエーションや食事などで仲間と一緒に活動的に過ごせるところです。
厨房
厨房
管理栄養士によって調整された食事が、委託業者によってここで調理されます。食べる楽しみを大切に、さまざまな工夫を試みます。
浴室
多目的室・交流ホール
ウェルネスガーデンが目の前に広がり、志賀公園もすぐそこです。利用者さん、ご家族、地域の人たち…。さまざまな人たちが交流することのできる場所です。
浴室
機能訓練室
関節や筋肉の状態を整え、姿勢を工夫することで、「自分でもできる」体験を広げることを目指します。痛い思いをして頑張るのではなく、楽しく気持ちよく、思わず体が動いてしまうリハビリを目指します。
浴室
スヌーズレンルーム
オランダで生まれた、重い障がいのある人も楽しめる活動が「スヌーズレン」です。光、音、におい、振動、温度、触覚などの心地よい刺激の中で、「自由に探索したり、くつろぐ」ことができる場所です。
浴室
ユニット
2階の一部と3階が利用者さんの生活の場になります。90床が6つのユニットで構成され、各ユニットには、星や星座の愛称がつけられています。居室は、個室、2人部屋、4人部屋を用意しています。動きがある人も安全に過ごせるよう、床ベッドも用意しています。居室は夜眠る時や、静かに過ごしたい時に使い、昼間は主にデイルームで、みんなと一緒に過ごします。
診療部門
診療部門
スタッフステーション
スタッフステーション
24時間365日体制で生活の支援を行なうスタッフの活動拠点になる場所です。