試験結果表示

  • 達成基準…JIS X 8341-3:2016の基準項目
  • 適合レベル…このホームページが目指しているレベルです。
  • 達成方法…基準を達成するために行わなければいけないことを記載しています。
  • 適用…このホームページ内に該当する内容が含まれている場合は「有」、含まれていない場合は「無」としています。
  • 結果…2017年12月の試験で、基準を達成している場合は「○」、達成していない場合は「×」としています。
  • 達成基準 適合
    レベル
    達成方法 適用 結果
    1.1.1 非テキストコンテンツの達成基準 A
  • 写真などの静止画像には代替テキストを提供する。
  • リンクはリンクテキスト(代替えテキストを含む)を提供する。
  • ×
    1.2.1 音声だけ及び映像だけ(収録済み)の達成基準 A 動画コンテンツには内容を示す代替テキストを提供する。
    1.2.2 キャプション(収録済み)の達成基準 A 同期したメディアに含まれている全ての収録済みの音声コンテンツに対して、字幕を提供する。
    1.2.3 音声解説又はメディアに対する代替コンテンツ(収録済み)の達成基準 A 同期したメディアに含まれている収録済みの映像コンテンツに対して、時間依存メディアに対する代替又は音声解説(音声ガイド)を提供する。
    1.2.4 キャプション(ライブ)の達成基準 AA ライブを実施するとき、音声コンテンツに対して、字幕を提供する。
    1.2.5 音声解説(収録済み)の達成基準 AA 同期したメディアに含まれている全ての収録済みの映像コンテンツに対して、音声解説(音声ガイド)を提供する。
    1.3.1 情報及び関係性の達成基準 A
  • 表には表であることや表の内容が分かるように適切な表題(キャプション)を設定する。
  • ページ内の見出しには、内容に沿った適切な見出しを提供する。
  • 1.3.2 意味のある順序の達成基準 A コンテンツを意味のある順序で並べて提供する。
    1.3.3 感覚的な特徴の達成基準 A 理解すべき情報を感覚的にだけ伝えることのないように、テキストでも分かりやすく提供する。
    (例)大きなボタン、右下のボタンというような表現は誤り
    1.4.1 色の使用の達成基準 A コンテンツを、利用者にとって見やすく、聞きやすいものにする。これには、前景と背景とを区別することも含む。
    1.4.2 音声の制御の達成基準 A
  • 利用者に応じてのみ、音声を提供する。
  • ページを開いたときに流れる音声が3秒以内に自動的に停止するメカニズムを提供する。
  • 1.4.3 コントラスト(最低限レベル)の達成基準 AA テキスト及び文字画像の視覚的提示には、少なくとも4.5:1のコントラスト比を提供する。 ×
    1.4.4 テキストのサイズ変更の達成基準 AA キャプション及び文字画像を除き、テキストは、コンテンツ又は機能を損なうことなく、支援技術なしで200%までサイズ変更できる。 ×
    1.4.5 文字画像の達成基準 AA テキストで表示することが可能である時は、文字を画像化せずにテキストで表現する。 ×
    2.1.1 キーボードの達成基準 A コンテンツの全ての機能が、キーボードインタフェースを通じて操作ができる。
    2.1.2 キーボードトラップなしの達成基準 A 一般的なブラウザでTABキーや矢印キーだけで操作しているとき、特定の箇所から移動出来なくなることが無い。
    2.2.1 タイミング調整可能の達成基準 A コンテンツに制限時間を設定する場合は、利用者がセッションの制限時間を延長又は解除できるメカニズムを提供する。
    2.2.2 一時停止、停止及び非表示の達成基準 A コンテンツに動きや点滅又はスクロールするものがある場合、一時停止できるメカニズムを提供する。
    2.3.1 3回のせん(閃)光、又はしきい(閾)値以下の達成基準 A ウェブページには、どの1秒間においても3回を超えるせん(閃)光を放つものが無い。
    2.4.1 ブロックスキップの達成基準 A 複数のウェブページ上で繰り返されているコンテンツのブロックをスキップするメカニズムを提供する。
    2.4.2 ページタイトルの達成基準 A ページタイトルには、主題又は目的を説明したタイトルを設定する。
    2.4.3 フォーカス順序の達成基準 A 一般的なブラウザで、TABキーまたは矢印キーを用いて、フォーカスを受け取る要素を移動して、その順序が意味と操作性を損なわないように設計している。
    2.4.4 リンクの目的(コンテキスト内)の達成基準 A リンクの目的を的確に伝える見出しや説明を提供する。 ×
    2.4.5 複数の手段の達成基準 AA ウェブページの中に、他のページを見つけやすくする手段(目次やリンク一覧など)を複数提供している。
    2.4.6 見出し及びラベルの達成基準 AA 見出し及びラベルは、主題又は目的を説明している。
    2.4.7 フォーカスの可視化の達成基準 AA tabキーやマウスでフォーカスを移動したとき、フォーカスしている部分を認識しやすいよう設計している。
    3.1.1 ページの言語の達成基準 A それぞれのウェブページのデフォルトの自然言語がどの言語であるか、プログラムによる解釈が可能である。
    3.1.2 一部分の言語の達成基準 AA コンテンツの一節、又は語句それぞれの自然言語がどの言語であるか、プログラムによる解釈が可能である。
    3.2.1 フォーカス時の達成基準 A TABキーとカーソルキーでページ内を巡回する際、勝手にフォームを送信したり、新しいウィンドウを開いたり、予期せぬ状況になることが無い。
    3.2.2 入力時の達成基準 A
  • 状況の変化を開始する実行ボタンを提供している。
  • 状況の変化を引き起こすフォームのコントロールが変化する前に、何が起こるのかを説明している。
  • 3.2.3 一貫したナビゲーションの達成基準 AA ウェブページの中にある、複数のナビゲーションのメカニズムは、繰り返されるたびに相対的に同じ順序で出現する。
    3.2.4 一貫した識別性の達成基準 AA 同じ機能をもつコンテンツに対して、一貫したラベル、識別名及び代替テキストを用いている。
    3.3.1 エラーの特定の達成基準 A 入力エラーが自動的に検出された場合は、エラーとなっている箇所が特定され、そのエラーが利用者にテキストで説明がされている。
    3.3.2 ラベル又は説明の達成基準 A コンテンツが利用者の入力を要求する場合は、ラベル又は説明文が提供されている。 ×
    3.3.3 エラー修正の提案の達成基準 AA 入力エラーが自動的に検出され、修正方法を提案できる場合、その提案が利用者に提示されている。
    3.3.4 エラー回避(法的、金融及びデータ)の達成基準 AA 利用者にとって法律行為若しくは金融取引が生じる、又は利用者が試験の解答を送信するウェブページでは、利用者が修正又はキャンセルができるよう設定されている。
    4.1.1 構文解析の達成基準 A W3Cの仕様に準拠したHTML技術を使用しコンテンツの作成をおこなっている。 ×
    4.1.2 名前(name)、役割(role)及び値(value)の達成基準 A W3Cの仕様に準拠したHTML技術を使用しコンテンツの作成をおこなっている。 ×

    W3C … ワールド-ワイド-ウェブのブラウザやサーバーについての 技術に関する標準化を推進する団体