ウェブアクセシビリティとは

 ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。

 インターネットの普及により、健常者と同様に高齢者や障害者にとってホームページ等は今や重要な情報源となっています。
 しかし、情報を提供する側がウェブアクセシビリティに配慮して適切に対応をしていないと、高齢者や障害者が、ホームページ等から例えば避難場所に関する情報を取得できなかったり、パソコン等による手続きができないという問題が発生し、社会生活で多大な不利益が発生したり、災害時等に必要な情報が届かない状況にもなりかねません。
 上記の様に、公的機関のホームページ等で提供されている情報や機能が特定の人に利用できないということが起きないように、提供者は、ホームページ等を JIS X 8341-3:2016 に対応することにより、アクセシブルなホームページ等を作成することが求められています。
JIS X 8341-3:2016とは…
 正式名称を「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」といい、ホームページ等を高齢者や障害者を含む誰もが利用できるものとするための基準が定められています。

 詳しくは総務省ホームページ内「みんなの公共サイト運用ガイドライン」をご参照ください。 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000074.html

ウェブアクセシビリティ方針

 ティンクルなごや公式ホームページは、JIS X 8341-3:2016 の適合レベルAAに準拠することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。

対象範囲

 ティンクルなごや公式ホームページ(http://twinkle-nagoya.com/)以下全てのページ。
 ただし、次に掲げるものについては、対象に含めないものとします。
  1. PDF、Excel、Wordなどの文書ファイル
  2. 動画などのコンテンツを含むページ
  3. Googleマップなど、外部から提供されたサービス及びそれに付随するウェブページ

適合試験について

 ウェブアクセシビリティの確保と向上を目指し、1年に一度試験を行うこととしています。

1.適合試験の実施手順

 総務省 みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0を使用し、適合試験を実施します。
 ツールでの評価と手動確認を行います。

2.適合試験の実施状況

 2017年12月15日時点のページ内容に対して、2017年12月15日、12月18日~22日まで試験を実施しました。
 その結果は次の通りです。

取組確認・評価表

「ティンクルなごやホームページ取組確認・評価表」(平成28年度版)
画像をクリックして頂くと詳細をご覧頂けます。
取組確認・評価表