スタッフブログ

11月誕生日会 ~2階フロア~

投稿日:2021年12月2日

2階フロアでも、11月生まれの利用者さんの誕生日会を行いました。

 

 

車椅子に乗った利用者さんがデイルームの真ん中にスタッフと一緒に並んでいる様子

 

 

利用者さんとスタッフが待ち並ぶ中、今日の主役の利用者さんが登場されました。少

 

し緊張されたご様子です。

 

 

車椅子に乗った利用者さんが他の利用者さんたちに囲まれている様子デイルームに車椅子に乗った利用者さんがいる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主役の利用者さんは、16才になられました。

 

車椅子に乗った利用者さんがくす玉に手をかけている様子利用者さんがくす玉のひもをひいて色とりどりの飾りが出てきている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くす玉のヒモに手をかけて・・・お誕生日おめでとうございます~♪

 

まっかだな~ まっかだな~

 

今日の歌のプレゼントは「たき火」でした。

さつまいもイベント ~3階西フロア~

投稿日:2021年12月2日

3階西フロアでは、11月にさつまいもイベントを行いました。

 

イベントの中では、3西オリジナルの劇をしました。当日は、利用者さん方は朝からソ

 

ワソワ、楽しみにしてくださっているご様子でした。

 

劇の中のお芋を掘る場面では、皆さんで一緒にツルを持ち、「うんとこしょ、どっこ

 

いしょ」と大きなかけ声を出しながら引っ張ると、大きなお芋が抜けました。

 

 

デイルームに利用者さんたちが数人集まっている様子デイルームに、利用者さんが集まって、その前でお芋をひいているスタッフがいる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント中の二人の利用者さんとスタッフの様子

 

 

お芋が掘れたときには、みんなで「やったーー!抜けたあ」 と、大盛り上がりでし

 

た。

 

その後は、収穫されたサツマイモでデザートを作り、利用者の皆さんは、あっという

 

間に召し上がってしまいました。

 

皆さんで、長い間水やりなどをして育ててきた甲斐がありましたね。

 

また、来年もできるといいですね!

 

 

サツマイモをスプーンで食べている利用者さんサツマイモをスプーンで食べている利用者さんの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツマイモデザートを食べている利用者さんの様子別の利用者さんがサツマイモデザートを食べている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の利用者さんがサツマイモデザートを食べさせてもらっている様子

 

ハロウィンのお家で、楽しく遊んでいます♪

投稿日:2021年12月1日

ティンクルなごやに勤務するスタッフのお子さんを預かっている「リトルスター保育室」。

このリトルスター保育室では、10月にティンクルなごやで行ったハロウィンイベント

で作ったお菓子のお家を使って、楽しく遊んでもらっているそうです。

このお菓子のお家は、各フロアの利用者さんたちがドーナツやキャンディーを貼って

飾りつけしてくださったお家です。

 

楽しく遊んでいる様子をご紹介します♪

 

綺麗なお菓子のお家で女の子が遊んでいる様子

 

 

 

 

中にお人形を入れて遊んでいます

 

 

 

 

 

作り物のドーナツやキャンディーを並べて女の子が笑顔で遊んでいる様子作り物のお菓子を並べて遊んでいる女の子の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根についたドーナツやキャンディーを外して、保育室のおままごと用トングでお店屋さんが出来ました☆

 

 

色とりどりのお菓子のお家を覗き込んで遊んでいる女の子の様子お菓子のお家の中に女の子がお人形を抱いて嬉しそうに座っている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉をカットして、中に入れるようにしました

 

 

お菓子のお家の中に座って赤いフィルムを貼った窓から外を覗き込んでいる女の子の様子赤いフィルムのシート越しに見える女の子のお顔の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーフィルムから見える景色は、いつもと違ってみえる景色かもしれません☆

利用者さんが作ってくださったお家を、こんな風に使うことができて、とても嬉しいですね♪♪

外気浴に行こう ~2階フロア~

投稿日:2021年11月30日

2階フロアでは、落ち葉やみの虫、りんごなど、秋を感じる飾りつけがされています。

 

 

白い紙に色紙で緑の葉っぱや黄色の葉っぱなどが貼り付けてある様子色とりどりの紙で作ったみの虫がぶら下げて飾りつけられている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、志賀公園の見える窓からは、赤や黄色に色づいた木々が揺れています。

 

 

緑の公園で、スタッフと車椅子に乗った利用者さんがいる様子

 

 

今日は秋の終わりを体験しに行こうということで、体調の良い利用者さんは、少しの

 

間、ウェルネスガーデンへ出かけました。

 

マスクをして、上着を着て、毛布をたくさん重ねて、さあ、出発!

 

 

広い緑の広場の向こうに紅葉した木々が見えており、それを車椅子に乗った利用者さんがながめている様子

 

 

ひんやりした風、青空に低く流れる雲、視

 

界には赤や黄色、茶色が増え、

 

冬の訪れを感じてもらえたかな・・・

 

 

 

ガーデンに数人の利用者さんとスタッフが集まっている様子

 

 

北風が毛布をはぎ取っていくよ~。

 

さあ、暖かい部屋に戻りましょう。

11月誕生会 ~3階西フロア~

投稿日:2021年11月24日

3階西フロアのオリオンチームでは、11月にお誕生日を迎えられた方が2名いらっしゃ

 

いましたので、先日に行なわれた誕生会の様子をご紹介します。

 

オリオンチームの利用者の皆さんとスタッフより、祝福されながらの入場です。

 

 

デイルームで数人の車椅子に乗った利用者さんたちの間を、二人の車椅子に乗った利用者さんが入ってくる様子スタッフが女性の利用者さんを押して入ってくる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人とも、くす玉割りに挑戦されて、みごとに・・・割れました!!

 

車椅子に乗った利用者さんの頭上から青いくす玉が割れて青い飾りのテープが垂れ下がっている様子車椅子に乗った別の利用者さんが赤いくす玉の紐にスタッフと一緒に手をかけて、くす玉からおめでとうの文字の書かれた飾りが垂れ下がっている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、受け持ちスタッフより、バースデーカードのプレゼントを受け取り、メッセー

 

ジが伝えられました。おふたりとも、照れている様ですよね。

 

 

誕生日のお二人の利用者さんがならんでいる様子ひとりの利用者さんの横にスタッフが立ち、メッセージカードを読んでいる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の利用者さんのすぐ隣で、スタッフが寄り添いながらメッセージカードを読んでいる様子

 

 

ほっこりとした良い誕生会になったのではないでしょうか。

 

 

デイルームに数人の利用者さんが集まっている様子

職場改善に取り組んでいます  その4

投稿日:2021年11月18日

職場改善のため施設内で取り組んでいることを4回にわたって報告しています。

 

4回目の今日は、「利用者体験」について報告します。

利用者の立場を経験することで、スタッフ自身の支援の振り返りを行うこと、接遇やコミュニケーションのあり方について再確認をすることを目的にしています。

 

3階西フロアで実施した「利用者体験」では、車いす乗車時の介助について行いました。

 

 

 

 

車いす乗車の介助については、「スリングシートを整えない状態で、車いすに座る」、「少し正しくない姿勢で座る」、「早足で車いすを移動する」という条件をつけてみました。

 

 

 

 

介助する前や移動中に声かけを行なえているか、衣服の乱れを整えているか。利用者さんの役のスタッフが正しい姿勢をとれているか、周囲や利用者さんに注意を払っているか、などを確認しました。

 

体験したスタッフからは、以下のような感想がありました。

 

・後ろから押してもらうので、顔が見えない分、声かけをしたり時々利用者さんをのぞきこんだりすることが安心感につながると改めて感じた。

・声かけがないと、分かれ道や細い道に来た時に「どっちに行くのかな?」「本当にここを通るのかな?」などドキドキすることがわかった。

 

介助される側の立場も実際に体験してみることで、自分ではできているつもりでも、どんなことに配慮したらよいか、ポイントに気づくことができました。

 

 

今年度前半の取り組みを、4回に分けて報告しました。これからも、職場全体のマニュアル改善や、スタッフが学びあえる機会の充実などに取り組んでいきます。

職場改善に取り組んでいます  その3

投稿日:2021年11月17日

職場改善のための施設内で取り組んでいることを4回にわたって報告しています。

 

3回目の今日は、「応用行動分析の勉強会」について報告します。

 

応用行動分析とは、「対象者の行動の前後を分析することで目的を明らかにし、前後の環境を操作して問題行動を解消する分析方法」です。

 

ティンクルなごやの利用者さんは、言葉を発する方は少ないのですが、声の調子、表情、態度などから、利用者さんのお気持ちや欲求、不快なことなどを想像し、くみ取っていく必要があります。そして、スタッフの対応を変えることで、気持ちが落ち着いたり、安心が得られたりするにはどうしたらいいか、ということを話し合っています。

 

6月29日には、名古屋大学心の発達支援センターの野邑健二先生をお招きして、スタッフの勉強会を開催しました。

 

先生の講義では、以下のことが大切である、ということを教えていただきました。

 

・利用者さんが何か落ち着かない様子であったり、スタッフに何かを求めてこられた

りするのには、ご本人にとって目的や必要性があることを理解すること

 

・それがどういう状況で起きたのか、どのようなことをしたら改善されたのかを評価し、どのように対応するのがよいか、を考えていくこと

 

その後は質疑応答を行いました。

様々な利用者さんが一緒に暮らす生活の中で、「一人ひとりの利用者さんに合わせて対応していくことで、もしかしたら他の利用者さんに何か我慢を強いているのではないか」、「利用者さんから見ても安心できるスタッフとそうでないスタッフがいると思う」などの葛藤もあり、先生も聴講しているスタッフも考え込んでしまう場面もありました。

 

これからも、学びながら、スタッフ間の意見交換を進め、利用者さんのことを知り、より良い支援ができるよう、チーム力を高めていきたいと思います。

10月誕生会 ~3階西フロア~

投稿日:2021年11月16日

少し遅くなりましたが・・・

3階フロアで、10月に誕生日を迎えられた利用者さん方の誕生会の様子をお伝えします。

 

それぞれのチームで、他の利用者さん方やスタッフから祝福を受けられて、お誕生日

 

を迎えられた皆さん、なかなか良い表情をされてみえますね。

 

皆さん、いつまでもお元気で過ごしていただき、これからも笑顔の絶えない生活が送

 

れます様に!!

 

車椅子に乗った利用者さん数人とスタッフ数人がデイルームに集まっている様子別の利用者さんとスタッフがデイルームに集まっている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日の利用者さん二人とスタッフ二人が並んでいる様子車椅子に乗った二人の利用者さんが並んで笑顔でみえる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日の利用者さんが車椅子に乗っている周りに他の利用者さんやスタッフに囲まれている様子別の利用者さんが周りにいる利用者さんたちやスタッフに祝福されている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔でみえる利用者さんの様子メッセージボードを持った利用者さんの隣にスタッフが寄り添っている様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日のメッセージボードを抱えて、笑顔の利用者さん

職場改善に取り組んでいます  その2

投稿日:2021年11月14日

職場改善のための施設内で取り組んでいることを4回にわたって報告しています。

 

2回目の今日は、「教育委員会の倫理ラウンド(職場点検)」について報告します。

 

ティンクルなごやには、職員がいろいろなテーマの委員会を組織しています。

教育委員会は、医療機関・福祉施設として基本的な理解、知識の向上、職員個々のスキルアップを図ることを目的に設けている委員会です。

 

今年度は、教育委員会の取り組みとして、6月から7月にかけて、事前告知なしで、スタッフの日頃のケアの様子をチェックする「倫理ラウンド」を実施しました。

 

利用者さんのお部屋を出入りする時に、きちんとあいさつしているか、ケアを始める時や終わった時に利用者さんに声かけをしているか、利用者さんの私物に触れる時にはその目的を説明しているか、など9項目について、各フロアの職員の実施状況を確認しました。

 

11月13日のブログで紹介したセルフチェックをあわせて、職員のケアの場面をお互いにチェックすることで、利用者さんのクローゼットを開ける時の声かけ、お部屋から出る時のあいさつなど、具体的な場面での課題を確認することができました。

 

その後は、標語を作って、スタッフの目と耳からも意識づけを行うようにしています。

写真は10月の標語です。

 

 

 

 

重症心身障害児者施設のスタッフとして、生活の中での丁寧な関わり、優しい声かけが自然なものとして身につけば、利用者さんにも安心して過ごせる場になると思います。日々の積み重ねを大切にしていきたいと思います。

職場改善に取り組んでいます その1

投稿日:2021年11月13日

職場改善のため、施設内で取り組んでいることを4回にわたって報告します。

利用者さんのお気持ちや、介助される側の立場を理解し、寄り添った支援ができるよう、自分達の日頃の業務を振り返り、改善策を考えています。

 

1回目の今日は、「虐待防止セルフチェック と その後」について報告します。

 

自分自身の利用者さんに接する態度や言葉づかい、他のスタッフの行動で気になることがないか、スタッフ間でコミュニケーションが取りやすい雰囲気があるか、など、20問の質問に「はい」「いいえ」で各職員が振り返ります。各自の回答は部署別に集計して傾向を確認しています。

 

今年は6月に1回目のセルフチェックを実施し、日頃の業務でスタッフが気になった場面・事例も具体的にあげてもらいました。

ケアをする前の声かけ、利用者さんの呼びかけ、利用者さんの前での職員同士の会話、自分よりも年上の利用者さんへの関わり方、職員同士の声かけ・伝え方など、改善が必要な課題があることがわかりました。

集計結果と各スタッフから集まった具体例は全職員にフィードバックしました。スタッフからも、具体例があることで理解しやすかった、自分自身を振り返ることができたという声があがりました。

 

12月にもう一度セルフチェックを行う予定をしていますので、各部署でこの間の目標を掲げて取り組んでいます。

 

写真は、看護師・生活支援員の休憩室に掲示したポスターです。一目でスタッフが意識できるようにしています。ポスターの内容は、2カ月に1回変更しています。

 

 

 

 

 

下の写真は、総務部(※)の10・11月の重点目標です。利用者さんやご家族が行き交う窓口で応対をする事務部門も、皆さんをお待たせすることがないよう、スタッフが声をかけあって対応しよう、と考えた目標です。

 

 

 

 

次回以降のブログでも、施設全体の取り組みを報告いたします。

※ 事務部は10月から総務部に名称変更しました。